PR

スポーツ スポーツ

陸上400メートル・佐々木、東京パラ代表に内定 

女子400メートル(視覚障害)決勝 4位でゴールする佐々木真菜。東京パラリンピック代表に内定した=ドバイ(共同)
女子400メートル(視覚障害)決勝 4位でゴールする佐々木真菜。東京パラリンピック代表に内定した=ドバイ(共同)

 パラ陸上の世界選手権は7日、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで開幕し、女子400メートル(視覚障害T13)決勝で22歳の佐々木真菜(東邦銀行)が58秒38で4位に入り、来年の東京パラリンピック代表に内定した。マラソンを除く陸上では日本代表第1号。佐々木はパラリンピック初代表となる。

 各種目4位以内の選手の国・地域に出場枠が与えられ、日本パラ陸連の規定で枠を獲得した選手が代表に内定する。

 男子1500メートル(視覚障害T11)は4分13秒07の日本新を出した和田伸也(長瀬産業)と唐沢剣也(群馬県社会福祉事業団)が予選を突破して8日の決勝に進出。同100メートル(車いすT54)は生馬知季(WORLD-AC)が準決勝、西勇輝(野村不動産パートナーズ)は予選で敗退した。(共同)

 ■佐々木真菜の話「57秒台を出すつもりで思い切り走った。メダルが目標だったので悔しい思いもある。東京パラリンピックでしっかりとメダルを取りたい」(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ