PR

スポーツ スポーツ

サッカー代表ユニホーム、東京五輪仕様は「日本晴れ」

日本サッカー協会が発表した日本代表の新ユニホーム=6日午後、東京都文京区
日本サッカー協会が発表した日本代表の新ユニホーム=6日午後、東京都文京区

 日本サッカー協会は6日、日本代表が来年の東京五輪で着用する新ユニホームを発表した。女子日本代表「なでしこジャパン」の国際親善試合、南アフリカ戦(10日、ミクニワールドスタジアム北九州)を皮切りに各代表が着用する。

 前面は濃淡のある5色の青が組み込まれた迷彩柄で、背面は鮮やかなスカイブルーを配色。選手やサポーターが見てきた青い空が1つに交わり、スカイブルーの「日本晴れ」になることをイメージした。

 襟や裾には文字をひっくり返すと別の文字になる「アンビグラムアート」を導入。「日本晴れ」の文字を縦にひっくり返すと、男子は「侍(さむらい)魂」、女子は「撫子(なでしこ)魂」の文字が浮かび上がる。

 東京五輪では日本協会のワッペンなどを外して着用する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ