PR

スポーツ スポーツ

投球数制限は来春選抜から 投手障害予防の有識者会議

「投手の障害予防に関する有識者会議」の第4回最終会合を終え、記者会見する座長の中島隆信氏=5日午後、大阪市
「投手の障害予防に関する有識者会議」の第4回最終会合を終え、記者会見する座長の中島隆信氏=5日午後、大阪市

 日本高野連が設けた「投手の障害予防に関する有識者会議」の最終会合が5日、大阪市内で開かれ「1人の1週間の総投球数を500球以内」とする投球数制限などを盛り込んだ答申案をまとめた。日本高野連と都道府県高野連が主催する大会が対象。試行期間を来春の第92回選抜大会を含む春季大会から3年間とし、期間内は罰則のないガイドラインとして運用する。

 20日に東京都内で、座長を務める慶応大教授の中島隆信氏から日本高野連の八田英二会長に答申が手渡される。日本高野連は29日に開かれる理事会で検討する方針。

 答申案は(1)投球数制限や3連戦を回避する日程設定などの「競技団体としての責務」(2)週1日以上の完全休養日を導入するなどの「加盟校が主体的に行うべきこと」(3)指導者のライセンス制検討などの「野球界全体で取り組むべき課題の検討」-という三つの大きな柱で構成された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ