PR

スポーツ スポーツ

【大相撲企画・壁を破る】(上)御嶽海、近くて遠い大関

 相撲との向き合い方も見直している。今場所は夜の外食を控えめにし、体を休める時間を多くつくるという。「暑いぐらいの格好を」と1枚多く着て、風邪の予防対策にも万全を期す。全ては大願成就のためだ。

 昇進を預かる審判部は「大関取り」の場所と明言していない。白星を重ね、自ら機運を醸成したい。先場所不在だった横綱を倒して好成績を収めれば、「大関」の声は必ず上がってくる。(浜田慎太郎)

 10日に初日を迎える大相撲九州場所は、関脇、小結に上位を狙う力士が居並ぶ。新時代の看板候補が殻を破ろうと奮闘する姿を追った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ