PR

スポーツ スポーツ

プロリーグ構想に関心「4~6チーム」 ラグビー協会の清宮副会長

日本ラグビーフットボール協会・清宮克幸副会長(山田俊介撮影)
日本ラグビーフットボール協会・清宮克幸副会長(山田俊介撮影)

 日本ラグビー協会の清宮克幸副会長は5日、自民党スポーツ立国調査会のスポーツビジネス小委員会で、2021年秋の発足を目指す新たなプロリーグ構想について講演し、トップリーグの4~6チームが関心を持っていることを明らかにした。発足時には「8チームぐらいでスタートさせたい」と目標を語った。

 清宮副会長はトップリーグの選手がプロリーグでもプレーできる環境づくりを推奨する考えを表明。チームの参加要件には「1万人程度のホームスタジアム確保」を挙げ、外国資本も受け入れる姿勢を示した。

 2日に閉幕したワールドカップ(W杯)日本大会の12会場となる開催地にチーム拠点を置きたい考えを改めて強調し「世界最高峰リーグをつくるのが目標」と話した。

 建て替えが計画されている新たな秩父宮ラグビー場に関し、遠藤利明元五輪相は「(グラウンドも覆うような)屋根付きのスタジアムにしていきたい」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ