PR

スポーツ スポーツ

ドミニカ共和国が初白星 野球の国際大会プレミア12

 野球の東京五輪予選を兼ねた国際大会「第2回プレミア12」は3日、メキシコのグアダラハラ郊外で1次ラウンドA組が行われ、ドミニカ共和国がオランダを14-4の七回コールドゲームで下し、初白星を挙げた。オランダは2連敗を喫した。ともに初戦で勝利を挙げた米国とメキシコが対戦。

 日本は5日に台湾で開幕するB組でベネズエラ、プエルトリコ、台湾と2次ラウンド進出を争う。

 C組は韓国で6日に始まり、韓国、キューバ、オーストラリア、カナダが対戦する。

 プレミア12は世界ランキング上位12チームが出場し、最大で2チームが東京五輪の出場権を得る。開催国枠で出場が決まっている日本にとっても五輪前最後の真剣勝負の場となっている。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ