PR

スポーツ スポーツ

今季5勝目の鈴木愛「賞金女王は諦めない」 三菱電機Lゴルフ

優勝した鈴木愛=武蔵丘GC(高橋朋彦撮影)
優勝した鈴木愛=武蔵丘GC(高橋朋彦撮影)

 ゴルフの樋口久子・三菱電機レディースで、鈴木愛が優勝した。

 バックン、バックンと音が響く。「心臓が飛び出そうなほどシビレた」と鈴木愛。最終18番(パー5)、緊張のなか、1メートルのパーパットを沈めた。通算14アンダー、1打差で逃げ切った。

 9月中旬、古傷の左手首痛が再発した。「ゴルフをやるのも、見るのも嫌…」とクラブも握らない日々を過ごした。家族を故郷・徳島に帰して“人生初”の一人暮らしも経験した。「料理や洗濯をしたり、新鮮だった。けど友達から“愛のいない試合は見たくない”という話を聞いたら、自分も“やんなきゃ”って…」

 1カ月ほど前、左手首患部に施した注射が効いた。痛みが消えた。練習を再開した。「ヤル気になった」。5試合ぶりに復帰した前週「マスターズGC」は予選落ちしたが、休養明け2戦目で堂々の復活優勝である。

 今季5勝目(ツアー通算14勝目)。獲得賞金は約1億188万円で3位に浮上した。トップの申との差は約3千万円…。「今は痛みも全くない。最低あと1勝したい。毎試合優勝争いしていけば…。最後まで諦めません」。

 残り4試合、元賞金女王の逆襲である。(清水満)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ