PR

スポーツ スポーツ

IOC調整委がスタート、コーツ委員長は4者の実務協議を提案

IOCのジョン・コーツ調整委員長(左)と会談する小池百合子東京都知事=25日午後、東京都庁(桐山弘太撮影)
IOCのジョン・コーツ調整委員長(左)と会談する小池百合子東京都知事=25日午後、東京都庁(桐山弘太撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 2020年東京五輪の準備状況を監督する国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会と大会組織委員会、東京都などとの合同会議が30日、東京都内で始まった。会議は3日間で、暑さ対策としてマラソン、競歩の開催地を札幌市に変更するIOCの計画が協議される。

 冒頭ではIOCのコーツ調整委員長は「IOC理事会は札幌開催を決めた」としたが、「コンセンサスを得られずに日本を離れたくない」と述べ、IOC、政府、組織委、都の4者による実務者会議を提案した。

一方、小池百合子都知事は「お互いの信頼なくして大会の成功はない」と札幌開催に決まった経緯についての説明を改めて求めた。

 IOCはマラソンの札幌開催は既に決定事項としているが、都は事前の協議なく変更の通告を受け、不透明な決定プロセスなどを強く問題視している。IOCや組織委はできるだけ早期に都の了承を得て、発着点を含むコースの確定など具体的な計画づくりに移行することを目指している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ