PR

スポーツ スポーツ

大坂、右肩負傷で棄権 「サーブ打てなかった」

WTAファイナルを棄権し、記者会見する大坂なおみ=29日、深セン(共同)
WTAファイナルを棄権し、記者会見する大坂なおみ=29日、深セン(共同)

 女子テニスのツアー最終戦、WTAファイナルの主催者は29日、シングルスで世界ランキング3位の大坂なおみ(日清食品)が右肩負傷で棄権したと発表した。大坂は中国の深センの会場で記者会見し、27日の1次リーグA組初戦を勝った後に右肩が悪化したそうで「サーブを打てなかった。初戦でいいプレーができていたし、優勝したかったので残念」と話した。

 今後は日本で精密検査を受ける。来年の初戦に予定する1月初めのブリスベン国際(オーストラリア)には出場する意向を示した。

 今月6日までの中国オープンでツアー2大会連続優勝を果たしたが、決勝の時から痛みがあったという。「(その後の)日本での調整中はサーブを打てなかった。深センに来てから良くなっていたが、昨日(28日)の朝起きたらずきずきと痛みが出た」と説明した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ