PR

スポーツ スポーツ

大坂、右肩負傷で棄権 テニス・WTAファイナル

棄権を発表した大坂なおみ=27日 (AP)
棄権を発表した大坂なおみ=27日 (AP)

 女子テニスのツアー最終戦、WTAファイナル(深●(=土へんに川)=中国)の主催者は29日、世界ランキング3位の大坂なおみ(日清食品)が右肩負傷のために棄権すると発表した。世界1位のアシュリー・バーティ(オーストラリア)と1次リーグA組第2戦を予定していた。

 2年連続出場で、27日に世界6位のペトラ・クビトバ(チェコ)を下し、ファイナル初勝利を挙げた。大坂は「最終戦を棄権することになって残念。こんな形でこの大会とシーズンを終えたくなかった。元気になって、来年戻ってきたい」との談話を発表した。

 WTAファイナルのシングルスは年間成績の上位8人で争われる。大坂の代わりにキキ・ベルテンス(オランダ)が出場する。(共同)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ