PR

スポーツ スポーツ

【一筆多論】2つのW杯…熱狂の末 大谷次郎

【ラグビーW杯2019日本大会 準々決勝 日本代表対南アフリカ代表】後半、スタンドの声援に応えるリーチ・マイケルら=20日、味の素スタジアム(山田俊介撮影)
【ラグビーW杯2019日本大会 準々決勝 日本代表対南アフリカ代表】後半、スタンドの声援に応えるリーチ・マイケルら=20日、味の素スタジアム(山田俊介撮影)

 「ラグビーロス」に陥っている。ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は11月2日にクライマックスを迎えるが、「桜の戦士」たちがグラウンドにいないのは、やはりさみしい。全国に同じような人たちが多くいるようで「ジャパンロス」「日本代表ロス」などの言葉が飛び交っている。

 9月20日に開幕するまでは、ここまで盛り上がるとは誰も想像していなかったのではないか。実際、日本ラグビーフットボール協会の関係者も「フジサンケイグループはバレーボールだね。バレーボールの方が盛り上がるんだろうな…」と漏らしていた。

 だが、その“予想”はあっさりと裏切られた。日本は開幕戦のロシアに続き強豪のアイルランドを撃破。サモア、スコットランドにも勝ち、1次リーグを4戦全勝の首位で通過して決勝トーナメントに進む。全国的な熱狂はチーム一丸となって格が上の相手をなぎ倒す日本代表の快進撃が支えていたことは間違いない。

 同じ時期、バレーボールW杯(女子9月14~29日、男子10月1~15日)も日本で開催された。男子(世界ランキング11位)は世界6位のカナダや8位のイランなどを破り、大会史上初めて8勝を挙げてベスト4に輝いている。快進撃を続けたバレーボールも盛り上がってよかったはずだが、なぜかラグビーばかり注目された。

 日本バレーボール協会の幹部が分析した。(1)バレーボールの目標は世界一で、ラグビーは予選リーグ突破(ベスト8)。おのずと目標を達成した方の評価が高い(2)ラグビーはNHKをはじめ各メディアが大きく取り上げた(3)国民が新しいイベントに飢えていた-ことなどを挙げる。

 そして、「企業の社長や役員らにラグビー好きが多い。『One for All, All for One』のラグビー精神は社長談話でよく使われる」と付け加えた。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ