PR

スポーツ スポーツ

“日本への愛”体現 米通算82勝目を挙げたウッズ  

笑顔で優勝会見するタイガー・ウッズ=千葉県印西市の習志野カントリークラブ(戸加里真司撮影)
笑顔で優勝会見するタイガー・ウッズ=千葉県印西市の習志野カントリークラブ(戸加里真司撮影)

 日本で男子ゴルフの米ツアー初開催となったZOZOチャンピオンシップは28日、タイガー・ウッズ(43)=米国=が初優勝を飾り、米ツアー最多に並ぶ通算82勝目をマークして幕を閉じた。ウッズ目当てに会場の習志野CC(千葉県)には連日多くのファンが訪れ、ウッズも歴史的な快挙で応えた。台風や記録的豪雨に見舞われた千葉県を爽やかな“タイガー旋風”が駆け抜けた。

     ◇

 「タイガー!」「タイガー!」「タイガー!」

 試合後の表彰式で異例ともいえるタイガーコールが巻き起こった。ZOZOチャンピオンシップの大会名誉会長の前澤友作氏が「盛り上がった。タイガーがやってくれました」などと語り、「一緒に『タイガー』とコールしましょう」と呼びかけ、右手を突き上げながら連呼すると、大勢のギャラリーも合わせた。前澤氏の隣にいたウッズも笑顔を見せた。

 「私が日本に来るときはいつも、多くの日本のファンが訪れてくれる。また、来年この経験ができることを楽しみにしている」

 13年ぶりに日本でプレーし、優勝を飾ったウッズは試合後の記者会見で日本への思いを語った。

 優勝争いは松山英樹との一騎打ちとなった。平日で入場者が限定されたこともあって、前日の2万2678人と比較すると、2563人とギャラリーは少なかったが、声援は松山以上にウッズに集まった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ