PR

スポーツ スポーツ

日本初開催米ツアーは盛況 スター活躍のZOZOゴルフ

ホールアウトし、同組でプレーをしたタイガー・ウッズと握手を交わす小平智=千葉県印西市の習志野カントリークラブ(戸加里真司撮影)
ホールアウトし、同組でプレーをしたタイガー・ウッズと握手を交わす小平智=千葉県印西市の習志野カントリークラブ(戸加里真司撮影)

 日本初開催の米男子ツアー大会、ZOZOチャンピオンシップは28日、タイガー・ウッズ(米国)が松山英樹を振り切り、ツアー通算最多に並ぶ82勝目を挙げて幕を閉じた。豪雨の影響で中止の1日や無観客のラウンドもあったが、27日は2万2000人超、月曜の朝となった最終日も2563人のファンが会場を埋めるなど盛況。表彰式で拍手を浴びたゴルフ界の顔は「応援をありがとう」と笑顔で応えた。

 ウッズへの憧れがゴルフを始めるきっかけという小平智は「ジュニアが見て、プロになってみようと思ってくれれば大会の意味がある」と普及や育成に与える影響を期待。日本開催に尽力したZOZO前社長の前沢友作氏は「ギャラリーからゴルフ愛を感じた。少しでも(台風被災者の)笑顔につながれば」と感激した様子で大会の意義を強調した。

 大会を主催する衣料品通販大手ZOZOは6年のスポンサー契約を結んでいる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ