PR

スポーツ スポーツ

テコンドー協会、金原会長ら理事が総辞職 臨時理事会

金原昇氏=千葉市の幕張メッセ(納冨康撮影)
金原昇氏=千葉市の幕張メッセ(納冨康撮影)

 強化方針をめぐってトップ選手と対立している全日本テコンドー協会は28日、都内で臨時理事会を開き、金原昇会長を含む理事の総辞職を決議した。外部有識者らで構成される検証委員会が今後、協会の組織運営についての検証と新理事候補者の選定を行うことも決まった。新理事が決まり次第、現理事は辞職する。

 検証委員会は弁護士の境田正樹氏と井口加奈子氏、元柔道世界女王で日本オリンピック委員会(JOC)理事の山口香氏、JOC常務理事の友添秀則氏の4人。理事会後、金原会長ら関係者へのヒアリングが行われた。境田氏は「全理事、選手からも話を聞く。1カ月以内に結論を出したい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ