PR

スポーツ スポーツ

松山は逆転Vならず リベンジ誓う ZOZOゴルフ

最終ラウンド、通算16アンダーでホールアウトする松山英樹。首位と3打差の2位=習志野CC
最終ラウンド、通算16アンダーでホールアウトする松山英樹。首位と3打差の2位=習志野CC

 28日の月曜日に持ち越しとなった男子ゴルフのZOZOチャンピオンシップ最終ラウンド。残り6ホールで首位ウッズとは3打差…。松山は「最低でも4つ伸ばしたかったが…」と逆転を狙ったが、14番(パー5)で1メートルのバーディーパットを外し、「波に乗れなかった」と唇をかんだ。結局、奪ったバーディーは1つだけだが、通算16アンダーで堂々の2位と健闘した。

 「悔しいけど、これでタイガーは(ディフェンディングチャンピオンとして)来年も来るでしょうから、その時に」。来年の“リベンジ”を誓っていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ