PR

スポーツ スポーツ

ウッズ暫定首位で最終ラウンドが再開 男子ゴルフのZOZOチャンピオンシップ

9番ホールで振り向いてボールをキャッチしようとするタイガー・ウッズ=27日、千葉県印西市の習志野カントリークラブ(撮影・戸加里真司)
9番ホールで振り向いてボールをキャッチしようとするタイガー・ウッズ=27日、千葉県印西市の習志野カントリークラブ(撮影・戸加里真司)

 男子ゴルフの日米ツアーの新規大会、ZOZOチャンピオンシップは28日午前、千葉県印西市の習志野CC(7041ヤード、パー70)で最終ラウンドの未消化分が再開された。通算18アンダーで暫定首位に立っているタイガー・ウッズ(米国)は7ホールを残しており、12番(パー4)からスタート。

 ウッズと3打差で暫定2位の松山英樹は13番からプレーを再開。ウッズの1つ前の組で残る6ホールで逆転に挑む。

 25日が記録的豪雨で中止となったため、大会が月曜日に試合がずれ込んだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ