PR

スポーツ スポーツ

ラグビー日本代表の次なる挑戦 「ティア1入り」の壁は超えられるか

 WRのビル・ボーモント会長も「ティア1、ティア2の区分はパフォーマンスによるものではなく、歴史的な背景によるもの」と指摘。今大会の日本の活躍は称賛しながらも、将来のティア1入りの可能性については明言を避けた。

 ただ、今大会の日本代表の躍進に加え、日本でのラグビー人気の高まりを目にした海外メディアの一部からは、日本を欧州6カ国対抗や南半球4カ国対抗に招いてはとの意見も出始めている。今後も日本代表の強化が順調に進み、国民全体がラグビーに親しむようになれば、ティア1へステップアップする日も遠くないだろう。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ