PR

スポーツ スポーツ

【春高バレー】男子は山形南 女子は山形商が全国へ 山形県予選

【山形南-山形城北】山形南の佐藤優大(4)のスパイクを山形城北の重田悠介(10)らがブロック=27日、山形市(柏崎幸三撮影)
【山形南-山形城北】山形南の佐藤優大(4)のスパイクを山形城北の重田悠介(10)らがブロック=27日、山形市(柏崎幸三撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 「春の高校バレー」として行われる第72回全日本バレーボール高等学校選手権大会の出場権をかけた予選会は27日、山形市の市総合スポーツセンターで男女ともに決勝戦を行い、男子は山形南が山形城北を破り10年ぶり11度目、女子は山形商が米沢中央に勝ち、4年ぶり10度目の全国切符をつかんだ。全国大会は来年1月5日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)で開幕する。

 ▽男子決勝

山形南  325-191山形城北

      22-25     

      25-19     

      25-18 

  ▽女子決勝

山形商  323-252米沢中央

      25-14     

      23-25     

      25-21     

      16-14        

 男子は、山形南が6月の県高校総体決勝で敗れた山形城北を下し、雪辱を果たした。高さを生かした攻撃とブロックが持ち味の山形南は序盤から奥山拓海(3年)のトスがさえ、佐藤優大主将(同)、本間大貴(同)ら主力メンバー全員で試合を優位に運んだ。山形城北は第2セットは奪ったものの、終盤になると攻撃が左、右の2方向からの単調な攻めになり、山形南の速い攻撃に追いつけなかった。

 山形南の小俣幸二監督は「6月の県高校総体決勝では受け身になったが、(きょうは)サーブで相手のコンビバレーを崩し流れを引き寄せることができた」と振り返り、「監督になり全国大会は初めてです」と相好を崩した。佐藤主将も「全国大会ではもっと強い相手がいる。ボールを一つ、一つ丁寧に扱うよう心がけていきたい」と述べた。

 敗れた山形城北の安部功監督は「6月の県高校総体決勝では勢いがあったが、きょうは力の差が出た、完敗です」と振り返った。

 女子は、昨年と同じ顔合わせとなったが、山形商の粘りに勝利の女神が降り立った。全国高校総体8強の実力で臨んだ山形商と、高さとパワーの米沢中央は、1点を争うほぼ互角の戦いを続け、フルセットにもつれ込んだ。接戦のなか、山形商はツーセッターの強みを生かし、深堀鈴(3年)、若月凜華(2年)らの左右の攻撃が光り、米沢中央を崩した。

 「平常心を保ち、心を折ることなく戦い抜こうと誓い合った」という山形商の結城一秀監督は「勝てたのは、最後まで生徒が心を折らずに戦ってくれたからだ。それが勝因だ」と振り返った。水沢可奈主将(3年)は「レシーブ力を強化し、みんなで拾ってつなぐバレーをしようと誓い合った。それが、心の折れない戦い方につながると。私自身、最後まで勝利を疑わずに戦った。それが最大の勝因」と自信をみせた。全国大会では、山形商では過去最高となるベスト4を目指すという。

 惜敗した米沢中央の石田和也監督は「山形商の方がレシーブ力もよく、決定力が上手だった。力負けした」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ