PR

スポーツ スポーツ

広島3位指名の霞ケ浦・鈴木「3年以内に1軍マウンドに」

広島のスカウト陣から帽子をかぶせてもらう鈴木寛人投手(中央)=茨城県阿見町の霞ケ浦高(谷島英里子撮影)
広島のスカウト陣から帽子をかぶせてもらう鈴木寛人投手(中央)=茨城県阿見町の霞ケ浦高(谷島英里子撮影)

 プロ野球のドラフト会議で広島から3位指名を受けた霞ケ浦高(茨城県阿見町)の鈴木寛人投手(18)=同県筑西市出身=が25日、同高を訪れた広島の尾形佳紀、高山健一の両スカウトから指名あいさつを受けた。

 あいさつの後、鈴木投手は記者団に「3年以内に1軍のマウンドに上がれるように頑張りたい」と抱負を述べ、高校の先輩の遠藤淳志投手について「目標としている選手なので越えたい」と意気込みを見せた。高橋祐二監督は「コツコツ頑張って1年でも長くプロの野球を続けられるピッチャーになってもらいたい」と期待を語った。

 尾形氏は鈴木投手について「ボールの力強さと角度、腕の振りが縦にしっかり振れていて、投球フォームのバランスがよい。将来性が抜群」と指名の理由を説明した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ