PR

スポーツ スポーツ

ウッズ劇場、首位発進 3連続ボギーから猛チャージ ZOZOゴルフ

大勢のギャラリーに囲まれ、セカンドショットを放つタイガー・ウッズ=千葉県印西市の習志野カントリークラブ(戸加里真司撮影)
大勢のギャラリーに囲まれ、セカンドショットを放つタイガー・ウッズ=千葉県印西市の習志野カントリークラブ(戸加里真司撮影)

 「あ~っ」。十重二十重に取り囲んだギャラリーから大きなため息が漏れた。イン10番からスタートしたウッズが、“朝イチ”のショットを左に曲げて池に入れボギー。さらに11、12番といきなり3連続ボギー。同組だった小平が証言した。

 「あのタイガーでも3連続やるんだって。でもその後がすごかった。アイアン・ショットがアプローチのようにピンに向かっていくんだもん」

 魔法のショットがさえた。14番(パー5)で3メートルを沈め、そこから3連続バーディー。3番からも3連続を決めるなど合計9つのバーディーを奪った。終わってみれば6アンダーで首位タイ発進である。

 今年4月のマスターズを制して完全復活。13年ぶりに日本の試合に出場したスーパースターは期待を裏切らなかった。

 「最初は自分でもまさか…と思ったけど、うまくひっくり返すことができたね。(2019~20年シーズンの)初めての試合だけど、ショットの練習は万全だった。だから驚きはないさ」

 初日のギャラリー数は1万8536人。ウッズの1組後を回った石川遼が言った。「僕だってプレーをしてなきゃ、タイガーを見たいもん」。

 歴代ツアー最多勝記録はサム・スニードの82勝。81勝のウッズはあと1勝で並ぶ。今年8月に5度目の手術をした左膝の状態も「全く問題ない」というタイガー。“伝説”に並ぶときが来た。(清水満)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ