PR

スポーツ スポーツ

2年ぶりに米ツアーの石川「五輪のため頑張る」ZOZO公式会見

会見する石川遼=千葉県印西市の習志野カントリークラブ(戸加里真司撮影)
会見する石川遼=千葉県印西市の習志野カントリークラブ(戸加里真司撮影)

 男子ゴルフの日米ツアーの新規大会、ZOZOチャンピオンシップが24日、千葉県の習志野CCで78選手が参加して開幕する。日本で開催される米男子ツアーは初。日本勢が22日、同CCで会見し、2年ぶりに米ツアーに参戦する石川遼は「勝てるように頑張りたい」と抱負を語った。

 石川にとっては初のコース。練習場では多くの海外選手から声をかけられた。「忘れ去られてもおかしくないのに。来年の東京五輪のためにも、また米ツアーにチャレンジするためにもやる」と意気込んだ。

 前週、韓国で行われたCJカップで3位と健闘した松山英樹は「自分の国でやる初の米ツアー。勝ちたい気持ちは強い」と決意を語った。第1、2ラウンドはジョーダン・スピース(米国)、アダム・スコット(豪州)の強豪と回る。賞金ランク2位の今平周吾は「いつもの感覚でやれば上位に行ける」と自信を示した。

 この日、第1、2ラウンドの組み合わせも発表され、注目のタイガー・ウッズ(米国)は小平智らと同組。石川はダニー・リー(ニュージーランド)、ラファエル・カブレラベロ(スペイン)とともにラウンドする。

 賞金総額は975万ドル(約10億5千万円)。日本勢は獲得賞金のうち、50%が国内の賞金ランキングに加算される。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ