PR

スポーツ スポーツ

【ラグビーW杯】日本、南アフリカに敗れ、ベスト4ならず

試合に敗れ肩を落とす松島幸太朗(右奥)ら=味の素スタジアム(撮影・松永渉平)
試合に敗れ肩を落とす松島幸太朗(右奥)ら=味の素スタジアム(撮影・松永渉平)

 ラグビーのワールドカップ(W杯)の準々決勝が20日、東京・味の素スタジアムで行われ、日本代表は南アフリカに3-26で敗れ、ベスト4進出はならなかった。

 前半3分にWTBマカゾレ・マピンピのトライで先制された日本は19分にペナルティーゴール(PG)で3点を返して反撃開始。その後も再三、相手ゴールに迫るが、W杯過去2度の優勝を誇る南アフリカの堅い守りを崩せず。

 後半、反撃に出た日本だが、マイボールラインアウトを奪われるなど相手ペースのまま試合は進み、南アフリカに2トライ、3PGで突き放され、攻撃陣も相手ディフェンスの前に無得点に抑えられた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ