PR

スポーツ スポーツ

【ラグビーW杯】「野獣」ムタワリラが危険タックル

前半、南アフリカのムタワリラから危険なタックルを受ける稲垣啓太 このプレーにイエローカードが出される=味の素スタジアム(松永渉平撮影)
前半、南アフリカのムタワリラから危険なタックルを受ける稲垣啓太 このプレーにイエローカードが出される=味の素スタジアム(松永渉平撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で20日、優勝2回の南アフリカの世界的なプロップ、ムタワリラが前半10分ごろにシンビン(一時退場)となった。日本のプロップ、稲垣を持ち上げてたたきつけるようにしたタックルが危険と判断された。

 「ビースト(野獣)」の愛称で親しまれ、南アフリカ史上3位の115キャップ目。前回大会で日本に敗れた屈辱を知るFWの要は悔しげに序盤の戦況を見守った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ