PR

スポーツ スポーツ

【ラグビーW杯】「さらに歴史を塗り替えて」スタジアム大声援

試合開始前、盛り上がるスタンド=味の素スタジアム(蔵賢斗撮影)
試合開始前、盛り上がるスタンド=味の素スタジアム(蔵賢斗撮影)

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の準々決勝で20日、優勝候補の一角・南アフリカと対戦した日本代表。強豪を次々となぎ倒し、史上初の8強入りを成し遂げた快進撃は、記録的な大雨で多くの死者・行方不明者を出した台風19号に打ちのめされた日本人を勇気づけた。「さらに歴史を塗り替えて」。決戦の舞台となった東京・味の素スタジアムに詰めかけた人々は、あらん限りの声援でフィフティーンを後押しした。

 スタジアムには、試合開始の数時間前から続々とファンが集まった。

 「選手の頑張る姿が勇気や元気を与えてくれる。台風で被災した方々にも届いてほしい」。高校時代に同じラグビー部で先輩・後輩の間柄だった大阪府枚方市の会社員、下口克久さん(50)と同府門真市の同、坂本日出夫さん(48)は、こう力を込めた。

 今大会、2人は日本代表の全試合を現地で観戦したという。「ラグビーはみんなでボールをつないで得点するもの。代表選手たちのそうした姿は、みんなを感動させる」と興奮気味に話した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ