PR

スポーツ スポーツ

菊花賞、ワールドプレミアが優勝 競馬GI

1着5番、ワールドプレミア=京都競馬場(安部光翁撮影)
1着5番、ワールドプレミア=京都競馬場(安部光翁撮影)
その他の写真を見る(1/4枚)

 競馬のクラシック3冠レースの最終戦、第80回菊花賞(GI)は20日、京都競馬場(11R、3000メートル芝)で18頭が出走して行われ、3番人気のワールドプレミア(武豊騎乗)が3分6秒0で制して重賞初勝利をGIで飾り、1着賞金1億2千万円を獲得した。武騎手はこのレース最多の5勝目。50歳7カ月6日での勝利で菊花賞の最年長優勝記録を更新した。友道康夫調教師はこのレース初勝利。

 ワールドプレミアは中団追走から、最終コーナーで内を突いて上位に進出。最後の直線で鋭い末脚を繰り出して鮮やかに抜け出した。首差の2着は8番人気のサトノルークス。さらに1馬身差の3着は1番人気のヴェロックスだった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ