PR

スポーツ スポーツ

松山65で追い上げ3位、トーマスV 米男子ゴルフ

最終ラウンド、9番で第3打を放つ松山英樹。通算15アンダーで3位に入った=ナインブリッジズ(共同)
最終ラウンド、9番で第3打を放つ松山英樹。通算15アンダーで3位に入った=ナインブリッジズ(共同)

 米男子ゴルフのCJカップは20日、韓国・済州島のナインブリッジズ(パー72)で最終ラウンドが行われ、15位で出た松山英樹は7バーディー、ボギーなしの65で追い上げ通算15アンダー、273で3位に入った。

 26歳のジャスティン・トーマス(米国)が首位から67で回り通算20アンダーで2年ぶりに大会を制した。今季ツアー初、通算11勝目。175万5千ドル(約1億8950万円)を獲得した。

 2打差でダニー・リー(ニュージーランド)が続き、ゲーリー・ウッドランド(米国)、キャメロン・スミス(豪州)が3位に並んだ。次戦は千葉県で日本初開催となるZOZOチャンピオンシップ。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ