PR

スポーツ スポーツ

【ラグビーW杯 日本-南アフリカ戦再現】日本4強ならず 南アフリカに3-26で屈す

後半、マピンピのトライに肩を落とす松島幸太朗ら=味の素スタジアム(松永渉平撮影)
後半、マピンピのトライに肩を落とす松島幸太朗ら=味の素スタジアム(松永渉平撮影)
その他の写真を見る(1/12枚)

試合開始前 ラグビーのワールドカップ(W杯)の日本代表は20日、東京・味の素スタジアムに南アフリカを迎えて準々決勝を戦う。1次リーグを4連勝で首位突破し、史上初の決勝トーナメントに臨む日本。南アフリカは過去に2度、世界一となっている強豪だが、日本は4年前の前回大会では下馬評を覆して34-32で金星を挙げており、再び勝利をつかむことができるか、注目の一戦となる。

 南アフリカは屈強なFW陣の圧力とWTBチェスリン・コルビらバックス陣の多彩な展開力で、1次リーグでは出場20チーム中トップの27トライを奪うなど、圧倒的な攻撃力で勝ち上がってきた。日本は9月の対戦で7-41と苦杯を喫しているだけに、磨き上げてきた2人がかりのタックルと運動量を生かした素早い連続攻撃で対抗したい。

前半0分 南アフリカのキックオフで準々決勝が始まった。

試合開始直前、日本と南アフリカ両国のフィフティーンはそれぞれメーンスタンドに向かって横一列に並び、台風19号豪雨の犠牲者らに約30秒間の黙とうを捧げた。そして両国の国歌を斉唱。

前半3分 日本は試合開始直後、自陣22メートルラインの内側から、SO田村優がWTB松島幸太朗へのキックパスを送るなど意表をついた攻撃を仕掛けた。その後、日本陣内で試合は進んだが、南アフリカはマイボールスクラムを押し、SHファフ・デクラークからパスを受けたWTBマカゾレ・マピンピが左隅に飛び込んでトライ。コンバージョンゴールは外れたが5点を先制した。日本0-5南アフリカ

前半9分 南アフリカはハーフウェイライン付近のスクラムから出たボールをSOハンドレ・ポラードがハイパント攻撃。日本がキャッチして攻撃に転じるが、PR稲垣啓太に対し南アフリカのPRテンダイ・ムタワリラが危険タックルをしてイエローカード。10分間の一時退場となる。

前半19分 1人多い日本はFB山中亮平もライン参加して連続攻撃を仕掛け、再三、ゴールラインに迫るが、南アフリカの堅い守りを崩せず。日本が押し気味に試合を進めるなか、南アフリカボールのスクラムで思わず、南アフリカが反則。日本はペナルティーゴール(PG)を選択、キッカーのSO田村優が落ち着いてPGを決め、3点を返した。日本3-5南アフリカ

前半34分 攻守がめまぐるしく変わる一進一退のゲーム展開の中、日本は自陣22メートルライン付近のマイボールラインアウトを南アフリカに取られてしまう。南アフリカは左バックスラインに展開して日本ゴールに迫るが、ノットリリースザボールの反則。日本はキックで陣地を挽回し、ピンチをしのぐ。

前半終了 日本は自陣内でのマイボールラインアウトを奪われるなど、ピンチの連続。南アフリカはHOムボンゲニ・ムボナンビがマルコム・マークスに交代。アディショナルタイムになってモールからCTBダミアン・デアレンデが抜け出して、ゴールポスト左に飛び込んでトライか思われたが、タックル後に膝をついてもボールを放さない「ノット・リリース・ザ・ボール」の反則で、トライは認められず。そのまま前半が終了した。日本3-5南アフリカ

前半解説・林雅人氏 フィジカルで押してくる南アフリカと、ボールを持ってテンポの速い攻撃を仕掛ける日本は両極端のチームだ。準々決勝の前半は、どちらも自分たちの“色”を出しているが、なかなか決定的なトライを取るまでに至っていない。

 日本は、テンポの速い攻撃をできているものの、やはり、南アフリカのディフェンス陣が強い。接触してから後ろに下げられる場面も目立つ。

 後半は、日本は、今のままのテンポを保ち、やや短めのパスでボールをつなぎ、相手が得意とするパワープレーに持ち込まないことが大切だ。ディフェンスでは、前に積極的に出ていき、南アフリカに時間とスペースを与えないようにしたい。(キヤノンアシスタントコーチ、元日本A代表監督)

後半3分 日本はスクラムを崩したコラプシングの反則。ペナルティーゴールを選択した南アフリカはSOハンドレ・ポラードが決め、3点を追加。日本3-8南アフリカ

後半6分 日本は南アフリカのハイパント攻撃をキャッチし、自陣から攻めに転じようとしたが、南アフリカがターンオーバー。南アフリカは右バックスラインに展開し、決定的な得点チャンスもスローフォワードの反則。ここで日本はPR稲垣啓太が中島イシレリに交代。SO田村優も松田力也に交代する。

後半8分 日本は自陣22メートル付近でのマイボールスクラムで痛恨の反則。南アフリカはペナルティーゴールを選択し、SOハンドレ・ポラードが決めてさらに3点を追加した。日本3-11南アフリカ

後半13分 日本はNO8姫野和樹からアマナキ・レレイ・マフィを、さらにLOトンプソン・ルークからヴィンピー・ファンデルヴァルトに交代。FW陣を入れ替えて、反撃の機会を伺う。日本3-11南アフリカ

後半16分 日本10メートルライン付近の南アフリカスクラム。プレッシャーをかける南アフリカに対し日本はスクラムを真っ直ぐ押さなかったとしてペナルティーをとられてしまう。南アフリカはSOハンドレ・ポラードがペナルティーゴールを狙うが、ボールは左にはずれ、加点ならず。日本3-11南アフリカ

後半23分 日本はFB山中亮平に代えてレメキ・ロマノ・ラヴァを投入。その後も自陣でのプレーが続き、日本は相手SHファフ・デクラークへの危険なタックルで反則を取られる。南アフリカはSOハンドレ・ポラードがペナルティーゴールを決め、さらに3点を追加した。日本3-14南アフリカ

後半25分 南アフリカはハーフウェイライン付近のマイボールラインアウトをしっかりキャッチ。ドライビングモールで日本のディフェンスを崩しながら攻め込む。日本22メートルライン内まで持ち込むと、最後はモールから出たボールをSHファフ・デクラークがゴールポスト下に飛び込んでトライ。SOハンドレ・ポラードのコンバージョンゴールも決まり7点を追加。日本3-21南アフリカ

後半29分 日本は相手22メートル付近のマイボールラインアウトを奪われ、その後、一気に攻め込まれる。最後はFBウィリー・ルルーからのパスを受けたWTBマカゾレ・マピンピがタックルを振り切って左隅にトライ、5点を追加した。コンバージョンゴールは決まらず。日本3-26南アフリカ

後半40分~試合終了 南アフリカは日本22メートルライン付近のスクラムから出たボールを右バックスラインに展開。日本はタックルで防ぐが、南アフリカは何度もラックからのサイド攻撃を仕掛けトライを狙いに行く。最後はタッチラインにボールを蹴り出し、ノーサイド。

後半解説・林雅人氏 3-5で迎えた後半、日本はスクラムやラインアウトのセットプレーをものにできなかった。南アフリカに取られた最初2つのペナルティーゴールは、日本のスクラムの反則によるものだ。さらに30分には、マイボールのラインアウトを取られ、最後にはトライにつなげられてしまった。

 南アフリカが多用したキックも、日本はきちんとキャッチしたが、そこから良いアタックを開始できなかった。要因は、フィジカルの強さを前面にしてぶつかってくる南アフリカのディフェンス陣が良かったからで、日本は自陣に閉じ込められてしまう場面が多かった。

 しかし、負けたとはいえ、相手はW杯優勝経験のある強豪。日本はこの経験を財産にしてほしい。(キヤノンアシスタントコーチ、元日本A代表監督)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ