PR

スポーツ スポーツ

【ラグビーW杯】NZ、未到の3連覇へ前進 攻守で寄せ付けず

【ラグビーW杯2019日本大会準々決勝ニュージーランド代表対アイルランド代表】試合に勝利したニュージーランドの選手たち=味の素スタジアム(松永渉平撮影)
【ラグビーW杯2019日本大会準々決勝ニュージーランド代表対アイルランド代表】試合に勝利したニュージーランドの選手たち=味の素スタジアム(松永渉平撮影)

 ラグビーW杯でニュージーランドが19日、アイルランドを破った。

 ニュージーランドが前人未到のW杯3連覇へ向かって大きな壁を乗り越えた。大会開幕を世界ランク1位で迎えたアイルランドを46-14で圧倒して準決勝進出。最優秀選手に選ばれたFB、B・バレットは「難しい相手に非常にいいプレーができた」とほほ笑んだ。

 攻守に寄せ付けなかった。FW自慢の難敵に真っ向勝負を挑んで互角以上に渡り合い、相手選手を密集周辺に集めてスペースを作り出してはBKが縦横無尽に走り回る。変幻自在のオフロードパスを交えながら7トライを奪ってみせた。

 爆発的な攻撃力を支えたのが堅実なゲーム運びだ。多くの時間を敵陣で進め、守備時には強烈な圧力をかけてミスや反則を誘う。22-0で折り返した前半で勝利をほぼ決定付ける危なげない戦いぶりに、ナンバー8のリード主将は「スタートから素晴らしかった」と胸を張った。

 王国の意地にかけて絶対に負けられない試合だった。100年以上に渡って1度も負けたことのなかったアイルランドに、2016年11月以降は1勝2敗。常勝軍団のプライドを守るために、求めていたのは勝利だけだった。

 26日の準決勝で対戦するイングランドは、8月にアイルランドを57-15で一蹴した優勝候補の一角だ。率いるのは日本躍進の礎を築いたジョーンズ監督。開催国の日本を熟知する名将の壁も打ち砕き、頂点だけを見据えて突き進む。(奥山次郎)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ