PR

スポーツ スポーツ

ソフトバンク工藤監督「エースで勝つ」 日本シリーズ19日開幕

練習を見守るソフトバンク・工藤公康監督=ヤフオクドーム(村本聡撮影)
練習を見守るソフトバンク・工藤公康監督=ヤフオクドーム(村本聡撮影)

 プロ野球のSMBC日本シリーズは19日にヤフオクドームで開幕する。昨年に続きパ・リーグ2位からの下克上で日本シリーズに進出したソフトバンクの工藤監督は決戦を前に、「泣いても笑っても7試合、今季の集大成を飾って終われるようにがんばろう」と円陣でナインに強い決意を述べた。

 巨人と日本一を争うのは、王ダイエーと長嶋巨人の「ON対決」と話題になった2000年以来。当時、工藤監督はダイエーから巨人に移籍して1年目だった。「懐かしいが、今はホークスの監督としてチャレンジャーの気持ち」。選手として11度、監督としても3度、日本一に輝いた優勝請負人も、2位に5・5ゲーム差をつけてセ・リーグを制した巨人に対しては、あくまで挑戦者だと強調した。

 ただ、気後れは一切ない。心強いデータもある。チームは本拠地での日本シリーズで、11年の第7戦から12連勝中。工藤監督就任後も、本拠地では8戦すべてで勝っている。「ヤフオクドームから始められるのは、落ち着いて試合ができる」

 初戦のマウンドを託したのは、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第3戦で8回無失点と好投した千賀だ。「エースで勝って、チームが盛り上がっていかないといけない」と大きな期待を込めて送り出す。あとは戦いの火ぶたが切られるのを待つだけだ。(上阪正人)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ