PR

スポーツ スポーツ

【ドラフト会議】広島3位指名の霞ケ浦・鈴木「早く1軍マウンドに」

広島から3位指名を受け、野球部員から祝福される鈴木寛人投手(中央)=17日午後、阿見町青宿(篠崎理撮影)
広島から3位指名を受け、野球部員から祝福される鈴木寛人投手(中央)=17日午後、阿見町青宿(篠崎理撮影)

 プロ野球のドラフト会議で広島から3位指名を受けた霞ケ浦高(茨城県阿見町)の鈴木寛人投手(18)=同県筑西市出身=は17日、学校内で記者会見に臨み「質のいい、まっすぐとキレのあるスライダーのコントロールに磨きをかけたい」と抱負を語った。

 会見場で会議の様子を見守っていた鈴木投手は午後6時20分過ぎ、指名を受けると大きく深呼吸をして安堵(あんど)の表情をみせた。

 小学生のころからプロ野球選手が夢だったといい、「できるだけ早く1軍のマウンドに立ちたい。広島には(霞ケ浦高の)先輩の遠藤淳志投手がいるので『2人がマウンドに上がると勝てる』といわれたい」。

 対戦してみたい打者を問われると「巨人の坂本勇人選手のような強打者を抑えたい」と意気込んだ。「茨城は自分の故郷であり安心できる場所。支えてくれる人もたくさんいるので頑張りたい」とも語った。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ