PR

スポーツ スポーツ

南ア、日本戦メンバー発表 コリシ主将ら、準々決勝

取材に応じる南アフリカのファフ・デクラーク(中央)ら=東京都内(蔵賢斗撮影)
取材に応じる南アフリカのファフ・デクラーク(中央)ら=東京都内(蔵賢斗撮影)

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の準々決勝(20日・味の素スタジアム)で日本と対戦する南アフリカが17日、登録メンバーを発表し、フランカーのコリシ主将、キックに定評のあるSOポラードらが先発に名を連ねた。日本に41-7で勝利した9月6日のテストマッチと12人が同じメンバーとなった。

 フッカーのマークスはベンチスタート。テストマッチで3トライしたマピンピ、2トライのコルビがWTBに入り、ロックには203センチのエツベス、205センチのデヤハーと長身選手が並んだ。

 控えを含め、1次リーグB組で49-3と快勝した4日のイタリア戦と同じ23人を選び、エラスムス監督は「イタリア戦からの継続性を重視した」と語った。ボール争奪戦について「体の強みを生かして戦いたい。フレンドリーな試合にはならないだろう」と予告した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ