PR

スポーツ スポーツ

ジラルディ氏が米国代表監督退任 野球のプレミア12

ヤンキース前監督のジョー・ジラルディ氏=2017年、ボストン(AP)
ヤンキース前監督のジョー・ジラルディ氏=2017年、ボストン(AP)

 米国野球連盟は16日、東京五輪の予選を兼ねた11月の国際大会「プレミア12」に向け、ヤンキース前監督のジョー・ジラルディ氏(55)が代表監督を退任し、ヤンキース元内野手のスコット・ブローシャス氏(53)が就任すると発表した。

 8月に就任し、五輪まで指揮を執る予定だったジラルディ氏が大リーグの監督復帰を目指しているための措置という。

 ブローシャス氏はメジャー通算1146試合で打率2割5分7厘、141本塁打、531打点。ワールドシリーズでは1998年からヤンキースの3連覇に貢献し、同年には最優秀選手に輝いた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ