PR

スポーツ スポーツ

大相撲立呼出の拓郎が暴力 退職の意向

立呼び出しの拓郎
立呼び出しの拓郎

 日本相撲協会は16日、呼出の最高位である立呼出の拓郎(63)=本名・花里拓郎=が序二段呼出と幕下呼出の2人に暴力を振るったと発表した。拓郎は退職の意向を示しているという。

 同協会によると、拓郎は今月8日、新潟県糸魚川市で行われた秋巡業で、客席に座って食事をしていた序二段呼出に「なんでこんなところで食事をしているんだ」と注意し、頭部を拳で1回殴った。さらに近くにいた幕下呼出に、「兄弟子が見ていてなぜ注意しないのか」と言い、背中を1回たたいたという。

 幕下呼出が協会に報告して発覚。拓郎は「呼出トップで指導する立場にありながら後輩の呼出2人に暴力を振るい、大変申し訳ありません」などと謝罪しているという。

 協会はコンプライアンス委員会に事実関係の調査と処分意見の答申を委嘱。11月の九州場所後までに再発防止の強化策をとりまとめる方針。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ