PR

スポーツ スポーツ

13日の第4戦に向けて調整 セ、パCSファイナル

台風19号の接近で巨人-阪神戦が中止になった東京ドーム=12日、東京都文京区(門井聡撮影)
台風19号の接近で巨人-阪神戦が中止になった東京ドーム=12日、東京都文京区(門井聡撮影)

 プロ野球のセ、パ両リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ、巨人-阪神(東京ドーム)と西武-ソフトバンク(メットライフドーム)は12日、台風19号の影響で試合がなく、各チームは順延された13日の第4戦に向けて調整を行った。

 CSでドーム球場の試合が中止になったのは、2014年のパのファーストステージ、オリックス-日本ハム第3戦が台風接近のために中止になって以来。セのCSでは初のドーム球場での中止。

 13日の第4戦はセは午後3時半、パは午後2時開始で行われ、先発は高橋(巨人)、西(阪神)、本田(西武)、バンデンハーク(ソフトバンク)と発表された。

 セ、パともに日本シリーズ進出決定の可能性があり、巨人は勝つか引き分けで6年ぶり35度目、ソフトバンクは勝てば3年連続19度目(南海、ダイエー時代を含む)の進出となる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ