PR

スポーツ スポーツ

豪雨の中で最終調整 ラグビー日本代表、13日にスコットランド戦

【ラグビーW杯2019日本大会 日本代表 キャプテンズラン】練習に臨むリーチ・マイケル(中央)ら=東京都内(蔵賢斗撮影)
【ラグビーW杯2019日本大会 日本代表 キャプテンズラン】練習に臨むリーチ・マイケル(中央)ら=東京都内(蔵賢斗撮影)
その他の写真を見る(1/6枚)

 ラグビー日本代表は13日午後7時45分から、横浜・日産スタジアムでのワールドカップ(W杯)日本大会1次リーグA組最終戦でスコットランド代表と対戦する。勝ち点2を獲得すればA組1位で史上初の8強入りが決まるチームは12日、台風19号の接近で豪雨に見舞われる中、東京都内で最終調整した。

 当日朝に実施を最終判断したグラウンドでの練習は、予定を30分早めて午前8時半ごろに開始。報道陣には冒頭15分のみが公開された。選手たちは普段より練習会場の入り口に近い場所に止められたバスから降りると、膝下まで水につかる中を通ってピッチに入った。キックしたボールがすぐに止まるほど水の浮いた芝の上でフランカーのリーチ主将(東芝)らがランニングなどをこなし、メニューの合間には円陣も組んで結束を図った。

 開幕3連勝で勝ち点14の日本に対し、スコットランドは2勝1敗の同10。過去の対戦成績は日本の1勝10敗。前回2015年W杯の1次リーグでも対戦し、日本が10-45と敗れている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ