PR

スポーツ スポーツ

眠れるスラッガーが起死回生弾 阪神・大山の一発で巨人に一矢

最後を締めて大山悠輔と抱き合って喜ぶ阪神の藤川球児=東京ドーム(今野顕撮影)
最後を締めて大山悠輔と抱き合って喜ぶ阪神の藤川球児=東京ドーム(今野顕撮影)

 土俵際の阪神を、眠っていたスラッガーの一発が救った。プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第3戦で、6-6の九回、大山が勝ち越しのソロ。レギュラーシーズン3位からの「下克上」に望みをつなぐ1勝に、矢野監督は「このままあっさり負けるつもりはなかった」と力を込めた。

 九回先頭の打席で巨人の6番手、中川の低めのスライダーをたたいた打球は、角度良く右中間席へ飛び込んだ。殊勲の背番号3は「何としても塁に出ようと打った結果が最高の形になった」。前日は出場機会すら得られず悔しい思いをしていた男が、起死回生の一発を放った。

 何より明るい材料は、打線に快音が戻ったことだ。三回に梅野のソロ本塁打で先制。1-4で追いかける展開となった五回には、満塁の好機から高山や梅野の適時打で1点差に詰め寄ると、近本が右翼線へ走者一掃の適時三塁打を放って試合をひっくり返した。

 指揮官は「大山だけじゃなく、みんな打ってくれている。つないでいく野球がうちの野球。1勝といわず、4つがんばる」。チーム一丸となりたどりついたCSの舞台から、簡単に降りる気はない。(上阪正人)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ