PR

スポーツ スポーツ

ソフトバンクの千賀が8回2安打無失点10奪三振の好投、エースの貫禄見せる

【プロ野球CS3西武対ソフトバンク】4回、2点本塁打を放った牧原を笑顔で迎えるソフトバンク・千賀=メットライフドーム(撮影・尾崎修二)
【プロ野球CS3西武対ソフトバンク】4回、2点本塁打を放った牧原を笑顔で迎えるソフトバンク・千賀=メットライフドーム(撮影・尾崎修二)

 プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(6試合制)は11日、セ、パ両リーグともに第3戦が行われ、ソフトバンクが西武を破った。

 エースが貫禄の投球を見せた。ソフトバンクの千賀が8回2安打無失点10奪三振と好投。「連投していたモイネロと森さんを何とか休ませたいという気持ちでマウンドに上がった。それができたことがうれしい」。八回2死一塁から、西武の森を空振り三振に仕留めると、静かに拳を握りしめた。

 一回に先頭打者の秋山に右前打を許した。2死一、二塁のピンチを招くが、外崎をフォークで空振り三振に仕留めると、波に乗った。150キロを超える直球と代名詞のフォークがさえ、後半にはカットボールも駆使。「一瞬でも気を抜けば、すぐやられる怖い打線。集中が続いていた」。一回の秋山の安打以降、八回2死から内野安打を源田に許すまで、西武打線を無安打に抑えた。

 5日の楽天とのCSファーストステージ第1戦。7回4失点で敗戦投手になったが「僕の中では終わったこと」と気持ちを切り替えた。第2戦の先発の可能性もあったが、チームが第1戦を勝ったことで1日伸び、中5日での登板に。八回を投げ切って「後は陰で応援します」と笑った。

 勝利と同時に、自慢の救援陣に休養を与えるという大きな仕事を成し遂げたエースに、工藤監督は「球も走っていたし、隙がない。見事な投球だった」と褒め言葉を並べた。3連勝で、日本シリーズ進出へ一気に王手をかけた。鷹が万全の状態で、獅子に襲いかかる。(神田さやか)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ