PR

スポーツ スポーツ

巨人の岡本が満塁で逆転の二塁打

【プロ野球CS3巨人対阪神】3回、巨人の岡本が1死満塁の場面で中越えに逆転の2点二塁打を放つ。捕手、梅野=東京ドーム
【プロ野球CS3巨人対阪神】3回、巨人の岡本が1死満塁の場面で中越えに逆転の2点二塁打を放つ。捕手、梅野=東京ドーム

 プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(6試合制)は11日、セ、パ両リーグともに第3戦が行われ、巨人は阪神と対戦した。

 全ての塁を走者がにぎわす絶好機で、主砲が黙っているわけがなかった。1点を追う三回1死満塁で、巨人の岡本は中越えに逆転の2点適時二塁打を放った。

 フルカウントから外よりの直球を豪快にすくい上げた。打球はバックスクリーン左に入ったようにも見え、球場は一時大歓声に包まれた。しかし、中堅後方のフェンス最上部に当たっており、満塁弾とはならず。それでも貴重な一打だった。

 昨季18打数1安打と苦しんだCSで、今季は絶好調。初戦に本塁打を含む2安打を放ち、お立ち台で「去年がヒット1本だったので、キャリアハイです」とおどけてみせた。2戦目も2安打し、3試合連続安打。昨季から主に4番を務めてきたが、1年間で成長した姿を大一番で披露した。

 「早く決めて、日本シリーズにいきたい」と話していたように、勝てば日本シリーズ進出が決まる試合できっちり結果を出した。頼もしい4番の存在が、チームをさらなる高みに導いていく。(小川寛太)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ