PR

スポーツ スポーツ

【ラグビーW杯】ジョセフHC、理想のメンバーで大一番へ リーチ完全復活

【ラグビーW杯2019日本大会】記者会見をするジェイミー・ジョセフHC=東京都千代田区(甘利慈撮影)
【ラグビーW杯2019日本大会】記者会見をするジェイミー・ジョセフHC=東京都千代田区(甘利慈撮影)

 決勝トーナメント進出を懸けたスコットランド戦。これまで故障者などで選手のやりくりに苦心してきたジョセフ・ヘッドコーチ(HC)だが、「もっとも重要で意味のある試合」と位置づけた1次リーグ最終戦は思い描いたベストメンバーを送り出せそうだ。

 ここ2試合、ラブスカフニが務めていたゲームキャプテンにはリーチ主将が“復帰”。アイルランド戦では控えに回した大黒柱を「多大な負担がのしかかり、パフォーマンスが上がらなかった」と指摘した指揮官だが、「今は本調子。彼がリーダーとしてふさわしい」と復調に太鼓判。リーチ本人も「パフォーマンスが上がってきた。鬼にならないといけない」。満を持して臨む一戦に気合をみなぎらせた。

 WTBは途中出場で2トライの福岡が初先発。「彼のような選手はフェラーリのように扱わないと。絶好調でないと使えない」とジョセフHC。高級スポーツカーに置き換え、9月の南アフリカ戦の負傷からの完全復活に期待をかけた。

 一方で姫野が存在感を高めるナンバー8は、けがから復帰途上のマフィを2戦続けて控えからも外した。「3カ月前なら使っていた。チーム全体が成長したということ」と指揮官。コンディション重視で選べるほど厚みを増した選手層を武器に、集大成の大一番に挑む。(奥村信哉)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ