PR

スポーツ スポーツ

西武の今井が三回途中6失点で降板2連敗で苦しく

3回、厳しい表情の西武・今井達也 =メットライフドーム(撮影・村本聡)
3回、厳しい表情の西武・今井達也 =メットライフドーム(撮影・村本聡)

 悪い流れを断ち切ることはできなかった。西武の今井が三回途中6失点と崩れた。「期待に応えられず申し訳ない」。呆然(ぼうぜん)とした表情でマウンドを降りた。

 一回に先頭の牧原に安打を許し「アウトに取れなかったので苦しい投球になってしまった」。2死一、三塁から、中村晃へのスライダーが甘く入り、右前適時打を許した。

 二回に犠飛で1点を失い、三回には中村晃に高めの速球を右翼席に2ランを浴びた。さらに2死一塁で高谷に右中間へ適時二塁打を許したところでノックアウトされた。「真っすぐも変化球も高く浮いてしまい、(捕手の)森さんの要求通りに投げられなかった」とうなだれた。

 昨年のCSファイナルステージでは第4戦に先発したが、五回途中4失点で負け投手になった。雪辱を期して上がったマウンドだったが、ソフトバンクの勢いを止めることはできなかった。

 打線は中盤以降、追い上げたが2点差及ばず。前日は終盤にミスなどが出て逆転負け。1勝のアドバンテージはあるものの、2連敗と苦しい展開になった。(神田さやか)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ