PR

スポーツ スポーツ

貧打の阪神、早くも土俵際

うつむく阪神・矢野燿大監督=東京ドーム(矢島康弘撮影)
うつむく阪神・矢野燿大監督=東京ドーム(矢島康弘撮影)

 阪神は短期決戦の舞台でもレギュラーシーズンから悩みの種だった貧打に泣いた。散発3安打で零封負け。早くも巨人に日本シリーズ進出への王手を許した。

 先発の高橋遥が一回に相手に先制点を与え、いきなり追いかける展開となったため、攻撃では投手に打順が回るたびに代打を送ったが、いずれも不発。突破口は開けなかった。各打者とも巨人先発のメルセデスの直球に終始差し込まれ、安打は単打3本のみ。三塁すら踏めず、浜中打撃コーチは「メルセデスは球も速かったし、コントロールよく低めに決まっていた」と脱帽するしかなかった。

 チームはもう1つも負けられない瀬戸際に追い込まれた。矢野監督は「土俵際ぎりぎりに追い込まれたところから、4連勝を目指してやるしかない。打線の奮起は必要になる。ウチとしては先に点を取りたい」。各打者のバットに快音が戻るのを待つしかない。(上阪正人)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ