PR

スポーツ スポーツ

サッカーW杯予選 ホーム初戦のモンゴル戦を速報します

サッカーW杯アジア2次予選のモンゴル戦に向け、調整する鎌田(左)=9日、埼玉スタジアム
サッカーW杯アジア2次予選のモンゴル戦に向け、調整する鎌田(左)=9日、埼玉スタジアム

 サッカー日本代表は10日、埼玉スタジアムで2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選F組のモンゴル戦に臨みます。今予選ではホーム初戦となる一戦を産経ニュースでは速報します。

 日本は9月10日に敵地で行われたミャンマー戦に2-0で勝利しました。モンゴルとは初対戦ですが、国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは日本の31位に対し、モンゴルは183位。ゴールショーで連勝を飾り、2次予選突破へ勢いをつけたいところです。

 守備をかためてくると予想されるモンゴルに対して、森保監督は9日の前日会見で「攻撃でいろんなバリエーションを使って相手の堅い守備をくずしていくこと、アイデアを複数持って攻撃をしたい」と力を込めました。

 期待が高まる攻撃陣ですが、これまで最前線で体を張ったポストプレーをみせてきたFW大迫(ブレーメン)は左太もも負傷。モンゴル戦とタジキスタン戦(15日、ドゥシャンベ)はメンバーに入っていません。エースストライカー不在のなか、招集されたFWに注目が集まります。

 1年ぶりに復帰した浅野(パルチザン)は「(大迫と)同じプレーをしろといわれてもそれは無理。自分が持っているもの、いいところを存分に出したい」。浅野、永井(FC東京)、鎌田(アイントラハト・フランクフルト)ら3人のFWには大迫不在を感じさせない活躍を見せてほしいところです。

 キックオフは午後7時35分です。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ