PR

スポーツ スポーツ

ソフトバンクの松田宣が4打点 工藤監督の采配的中

1回、適時二塁打を放つソフトバンク・松田宣浩=メットライフドーム(長尾みなみ撮影) 
1回、適時二塁打を放つソフトバンク・松田宣浩=メットライフドーム(長尾みなみ撮影) 

 先手を取ったのはソフトバンクだった。一回2死一、三塁、松田宣の適時二塁打で2点を先制。チェンジアップを右中間へと運び「短期決戦は先に先に試合を進めるのが有利。大きな先制点だった」と自賛した。

 工藤監督の思い切った起用が当たった。ファーストステージでは第2、3戦と先発から外れた松田宣を、この日は5番で先発起用。今季の公式戦で、西武の先発ニールに6打数2安打と相性が良く「5番で行こうと決めた」と指揮官。松田宣は九回にもだめ押しの2点適時打を放ち、起用に応えた。

 采配はさらにさえる。1点リードされた八回2死一、三塁の場面で、3打数無安打の内川に代えて長谷川勇を代打に。

 「(内川は)タイミングが合っていないような感じがした。僕自身、後悔しないように行かせてもらった」。長谷川勇は左前適時打を放って同点に追いつき、白星を呼び込んだ。

 大きな勝利を手にするための苦しい決断だったのは確かだ。試合後、この日の采配に関して「すみません」と何度か口にした。短期決戦では、早い決断が重要になる。「負けられない戦いが続くので、決断をしっかりしていきたい」。指揮官に、迷いはない。(神田さやか)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ