PR

スポーツ スポーツ

先発抜擢の阪神望月、無念の2回降板

 巨人戦に先発した阪神・望月=東京ドーム
 巨人戦に先発した阪神・望月=東京ドーム

 ファイナルステージ初戦の先発マウンドを託された阪神4年目の望月は2回5失点で早々と降板。初の大舞台で結果を出せず、「こういう雰囲気で、こういう試合でしっかりと抑えられる球を身につけないといけない」と唇をかんだ。

 立ち上がりから腕を振っていったが、強力な巨人打線にはね返された。一回、2死から丸と岡本に連続本塁打を被弾。二回にも亀井と坂本勇に連続適時打を浴びた。3四球と制球もさえず「技術的にも上げていかないといけない」と反省した。

 DeNAとのファーストステージで西が負傷するなど、チームの投手事情は苦しい。若手の抜(ばっ)擢(てき)はうまくはまらなかったが、矢野監督は起用を後悔せず「まだまだ発展途上の投手。こういう試合で投げたことで自分に足りないところが見えたのではないか」とさらなる成長を求めた。(上阪正人)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ