PR

スポーツ スポーツ

勢い乗る阪神、5年前の再現なるか 不振大山は休日返上

不振の阪神・大山悠輔=8日、東京ドーム(水島啓輔撮影)
不振の阪神・大山悠輔=8日、東京ドーム(水島啓輔撮影)

 プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)は9日にセ、パ両リーグのファイナルステージが開幕する。レギュラーシーズン3位からの「下克上」を狙う阪神は8日、舞台となる東京ドームで先発投手陣が練習を行った。

 第1戦に先発する4年目右腕の望月はマウンドの感触を入念にチェックし、「大事な試合というのはわかっているが、変に考えすぎずに、自分のパフォーマンスが出せれば一番いい」と意気込みを語った。福原投手コーチは「緊張すると思うが、自分の投球をしてくれたらそれでいい」と期待を寄せた。

 この日は野手ら選手の多くが宿舎などで静養に努めたが、打撃不振でDeNAとのCSファーストステージ第3戦の先発を外れた大山は、休日を返上して練習を行った。打球を遠くへ飛ばすティー打撃を行うなどバットを振り込み、「第3戦は自分自身悔しかった。チームの力になりたい」と誓った。

 チームは今季、巨人に10勝15敗と大きく負け越したが、シーズン終盤から勢いに乗る。4連勝で日本シリーズの切符を手にした5年前を再現すべく、雪辱を果たしたい。(上阪正人)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ