PR

スポーツ スポーツ

ラグビーW杯 静岡スタジアムでPV開催 日本快進撃受け

 ロシア戦に向けて調整するスコットランドのウィルソン(右)=静岡スタジアム
 ロシア戦に向けて調整するスコットランドのウィルソン(右)=静岡スタジアム

 静岡県は8日、開催中のラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で、日本代表の快進撃による盛り上がりを受けて急遽(きゆうきよ)、袋井市愛野の静岡スタジアム(エコパスタジアム)で準々決勝から決勝までの試合のパブリックビューイング(PV)を実施すると発表した。

 同スタジアムでの日本対アイルランド戦の歴史的一戦で県民の関心が日を追うごとに高まっていることに対応し、静岡スタジアムでのPV実施を決定した。

 実施するのは、19、20日の準々決勝、26、27日の準決勝、来月1日の3位決定戦、2日の決勝。収容人数は5千人で、5千人を超えた場合は入場規制を行う場合がある。入場無料。スタジアム内では飲食が販売される。

 問い合わせは、県ラグビーワールドカップ2019推進課(054・221・3219)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ