PR

スポーツ スポーツ

JBC競走成功に向け準備入念 さいたま市の浦和競馬場 重賞初勝利の藤田騎手も参戦予定

藤田菜七子騎手=大井競馬場(撮影・田村亮介)
藤田菜七子騎手=大井競馬場(撮影・田村亮介)

 来月4日に浦和競馬場(さいたま市)で行われるダート競馬の祭典「JBC競走」まで1カ月を切る中、祭典の成功に向けて関係者は準備に余念がない。JBC競走当日は今月2日に重賞初勝利を飾った女性ジョッキー、藤田菜七子騎手も参戦する予定で多くの来場者が見込まれている。

 先月、オープンした浦和競馬場の2号スタンドの特別観覧席で4日、「JBC競走推進協議会」が開かれ、県浦和競馬組合や近隣自治会、警察、消防などの関係者約40人が集まった。

 同協議会の高山次郎議長(同組合副管理者)は「見たことのないような浦和競馬場をみなさんにお見せできるように職員、スタッフが一丸となって全力で頑張りたい」と参加者らに呼びかけた。

 会合ではレース概要や場内の発売体制、タイムスケジュール、交通アクセスの対策などを確認した。競馬場周辺の違法駐車対策や多くのメディアが取材に訪れることが予想され、参加者からはこうした対応のほか、レースの賞金設定などに関する質問が相次いだ。

 JBC競走は地方競馬の最高峰の重賞レース「Jpn1」が3つも行われる。今回で19回目を迎えるが、浦和競馬場は南関東競馬で開催日数が最も少なく、これまでJpn1のレースが行われておらず、なかなか誘致に至らなかった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ