PR

スポーツ スポーツ

日本、アルゼンチンに勝ち3勝目 バレー男子W杯

日本-アルゼンチン 第1セット、スパイクを決める西田=マリンメッセ福岡
日本-アルゼンチン 第1セット、スパイクを決める西田=マリンメッセ福岡

 バレーボール男子のワールドカップ(W杯)第5日は6日、福岡市のマリンメッセ福岡などで行われ、世界ランキング11位の日本は7位のアルゼンチンを3-1で破り、3勝目(2敗)を挙げた。アルゼンチンは2勝3敗。

 日本は第1セット、石川(パドバ)や西田(ジェイテクト)の攻撃が決まり25-19で先取。第2セットは小野寺(JT)が要所でブロックを決めて25-20で連取した。第3セットは26-28で落とし、第4セットを25-22で奪った。

 2016年リオデジャネイロ五輪優勝のブラジルはイランを3-1で退けて5連勝。世界選手権2連覇中のポーランドはイタリア、前回王者の米国はチュニジアをともに3-0で下して4勝1敗。

 中垣内祐一・日本監督の話 非常に調子よくプレーできた。アルゼンチンは最後まで集中力を切らさずに良いプレーをしていたが、それをはねのけるだけの力がわれわれに付いてきていると感じた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ