PR

スポーツ スポーツ

【ラグビー私感】北の大地に広がった「ラグビーファミリー」丹羽政彦さん

前のニュース

現役時代はウイングとして活躍した丹羽政彦さん。明治大では同級生の吉田義人さん(元日本代表)とバックスで名コンビを組んだ(本人提供)
現役時代はウイングとして活躍した丹羽政彦さん。明治大では同級生の吉田義人さん(元日本代表)とバックスで名コンビを組んだ(本人提供)

 昨年4月に地元・北海道に戻ってから北海道協会のW杯準備委員長になり、札幌市と一緒に機運醸成イベントや講演会を50回以上実施、準備してきた。試合会場の札幌ドームをはじめスポンサー企業、新千歳空港、地元商店街、繁華街・ススキノのお店まで官民一体の協力を得て2万人を超える海外のサポーターを含めた「ラグビーファミリー」(ラグビー愛好家)へのおもてなしも実施。想定を超える盛り上がりだった。

 活動の中でPRしたラグビー憲章の精神(品位、情熱、結束、規律、尊重)に共感していただき、地元メディアも積極的にPRしてくれた。イベントなどの参加者がラグビーファンになり、チケットを購入したりファンゾーンに集まったりして応援してくれた。多くのボランティアの方々にも心から感謝申し上げる。9月28日に行われた日本-アイルランドの平均視聴率が札幌地区で関東や関西を上回るなど、北海道でここまでラグビーが盛り上がったことはない。多くの人々がラグビー文化に共感してくれたことはもちろん、これまで地道に活動してきたラグビーに携わる方々の協力あってのことだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ