PR

スポーツ スポーツ

渋野「米ツアーに行きたいと思うようになった」

前のニュース

 「パッティングが決まらず、イライラするラウンドでした」

 ゴルフの日本女子オープン選手権第2日は4日、三重県白山ヴィレッジGC(6424ヤード、パー72)で行われ、ラウンドを終えた渋野日向(ひなこ)子(20)は5バーディー、3ボギーのスコアに不満げな表情を浮かべた。

 この2日間、米ツアーを主戦場とする元世界ランキング1位の柳簫然(ユ・ソヨン)、畑岡奈紗とのラウンド。英語が飛び交い、「まるで、米国にいるようでした」と渋野。柳から何度か英語で話しかけられたが、簡単な質問しか答えられず、英語力不足を実感すると同時に、2人のゴルフの技術にも舌を巻いた。

 米ツアーへの指向は以前と比べ格段に強まったようだ。AIG全英女子オープンを制した8月当初は、「米ツアーには興味がない」などと話していたが、次第に興味が湧いてきた様子だ。この日、渋野は「今すぐにではないですが、近い将来、米ツアーに行きたいと思うようになってきた。海外ツアーで自分を強くしたい。英語でコミュニケーションが取れたらいい」と初めて意欲を語った。

次のニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ